2013年3月17日日曜日


個人の疎外が疎外と闘うことは、名づけ難い自動修正レベ     世界同時性の情報統制に必ず囲まれる以上、その存在    ずは認識し、それの中に取り込まれることを受け入れ難い真実ではあるが、                                                                                                                 らない。

もはや情報から逃れることは不可能である、世界的に同時的に歴史は進行する以上、むしろその歴史を誇大                                認し、その中で闘争していかねばならないだろう。これらを実践レベルなベクトルに移行させ、それら擬似的な仮象を意義的で生ある仮象へと転用し、それが                           定する方向で撤廃することはもはや不可能であるから、むしろ疎外化されるべき仮象を意図的に歓迎せねばならないだろう。

つねに実在の感知できない世界にいる以上、自ら記号を                  合体させ、再領土化において実在がわからないところに留まっていることを承諾し、記号的亡命者となること                                                                                            波か                  、瞬時に仮象を移動させることで、逆転的に情報そのものを転覆させる記号の渡り船のようなものである。

誰かが出ていくのを見                              なことになる、我々の身は常に危うく、天の境界を犯して地上に舞い降りるに至らしめ、                                         う。これら本能的なエートルの光学的暗唱の数々が、彼岸に彼岸を呼び、人類のすべてを苦悶させながら、絶命させることが出来たとは!刑罰のような                                                に実在はすべて粉々にされた実際に墓の彼方にある生は、甦生(リロード)する術をすべて機械に委託し、悪魔が惰眠から目覚め集合した記号の同勢に演説をぶって、欲望を鼓舞させ、すべての生を汚らしく、身を落とさせ、これら造物の記号的枠組みによって骨組みをしゃんと立て直し、勝ち誇り、意気揚々と突っ立って、                                     た生へと転生させた。

そこにある労働力、資本力は、個々の主体の属性から、完全に隔離され、構造の基礎は内乱をま                                                  であると妄信的に信じ込み、何も疑いを持たなくなる。無論不満や暴動は起こり得るがすぐさま回収され、そこにおいて個人は完全に差異性を、独自の性格、個性、行動をすべて見失う。

                                 接続する光線のように、ある対象物を通すと、変化し、それは日ごとの興味対象、フェティッシュ、欲望、などに自在に姿形を変え、ありもしないものを見たり、ありもしない                         を抱いたりもする。

意識はすべてにおいて隔絶される。                                産出することは、過剰な自己地理を増やし続けるし、個人と他者との地理的距離を破滅させる。最初、そこでの働きは無論のこと「接続されてい
ので」認識されたものとしてあるが、それら自己産出の過剰性                       
                                      れ、常に膨大に産出する波乱を予定調和として、その危険性を常に抱えているわけであるから、それら仮象は光によって対象を変化させるし、「昨日は確かに自分であったものが、今日は確かに自分ではない」と精神的苦痛を味わい、悪夢の軍制を産み出して、ただ                                                息づかいが徐々に差し迫ってくる。

錯覚の権威、錯覚の時制、錯覚の目、天地そのものをもはや重力自体を識別する尺度とせずに、すべてあなたがたが造りあげた仮象をその認識の五感へと転位するのであるから、事実そのものを湾                                                                                   くらましさせ\                再領土には事実存在しない都合のいいものだけを回りに取り囲ませる。